どこ の 国 に 行き たい です か 英語。 どこに行きたいのって英語でなんて言うの?

海外赴任直前の英語勉強法!3カ月切ったら習うより慣れたほうがいい。

どこ の 国 に 行き たい です か 英語

In the first statement, you have started with a lengthy expression, 'if there is one place that I would like to visit the most'. It can also be said this way: Should there be any one place I would like to visit the most, it would be France. So, should a friend ask you as to which place you would like to visit the most, you may say: If there is one place that I want to visit the most, it is France. or There is only one place that I want to visit the most, and it is France. or Should there be one place that I would like to visit the most, it would only be France. 最初の表現は、長々しい表現「もし一番行きたいところがあるなら」ではじめました。 Should there be any one place I would like to visit the most, it would be France. と言うこともできます。 一番行きたいところを聞かれたら以下のように答えることができます。 If there is one place that I want to visit the most, it is France. もし一番行きたいところがあるなら、それはフランスです。 There is only one place that I want to visit the most, and it is France. 一番行きたいところが一つだけあります。 それはフランスです。 Should there be one place that I would like to visit the most, it would only be France. 一番行きたいところは、フランスだけです。 To show that France is your priority for travel you would say "I most want to visit France". You could show your strong interest in France by saying "I am obsessed with France! Obsessed means to be constantly thinking about something and in this instance it would be being used humorously as an exaggeration to show hoe much you like France. You could also say visiting France is on your "bucket-list". A bucket-list is a list of things you want to do before you die. "dream" is a word that is used often when we really want to go somewhere, but it often implies that, although you really want to go there, you can't, because for example it's too expensive, you are too busy at work or school, or some other reason. We can use "dream vacation" or "dream trip" the same way, but "dream vacation" usually means you will go there as a tourist and then come home, but "dream destination" can be more general -- maybe vacation, or maybe for a longer stay to work or learn the language. A bucket list is becoming more frequent these days. It means a list of things that you want to do or places you want to visit before you die. It comes from the phrase "to kick the bucket". This literally means standing on a bucket to hang yourself and then kicking it so that you die. In casual situations, to say that someone kicked the bucket is not disrespectful. You are simply stating a fact: that the person died. Nor do we necessarily think of death when we talk about a bucket list. However, when we start that list, the places we want to visit become special, and many times, people follow through with those destinations. If you say that France is on your bucket list, you mean that you really want to go there. bucket list(バケツリスト)は最近よく使われています。 これは死ぬ前にしたいこと、訪れたい場所を書いたリストです。 "to kick the bucket"(死ぬ)というフレーズからきた単語です。 文字通りの意味は首を吊るためにバケツの上に立り、バケツを蹴って死ぬ、ことです。 カジュアルな場面にてkick the bucket のフレーズを使うことは失礼ではありません。 誰かが亡くなったという事実をただ伝えるだけです。 bucket list(バケツリスト)について話している際に必ずしも死を考える必要はありません。 リストを始めると訪れたい場所が特別になり、この目的地に行くようになります。 例えばフランスがbucket listに入っているとするとあなたは本当にそこに行きたいことになります。

次の

どの国に行きたいですか。を英語で

どこ の 国 に 行き たい です か 英語

In the first statement, you have started with a lengthy expression, 'if there is one place that I would like to visit the most'. It can also be said this way: Should there be any one place I would like to visit the most, it would be France. So, should a friend ask you as to which place you would like to visit the most, you may say: If there is one place that I want to visit the most, it is France. or There is only one place that I want to visit the most, and it is France. or Should there be one place that I would like to visit the most, it would only be France. 最初の表現は、長々しい表現「もし一番行きたいところがあるなら」ではじめました。 Should there be any one place I would like to visit the most, it would be France. と言うこともできます。 一番行きたいところを聞かれたら以下のように答えることができます。 If there is one place that I want to visit the most, it is France. もし一番行きたいところがあるなら、それはフランスです。 There is only one place that I want to visit the most, and it is France. 一番行きたいところが一つだけあります。 それはフランスです。 Should there be one place that I would like to visit the most, it would only be France. 一番行きたいところは、フランスだけです。 To show that France is your priority for travel you would say "I most want to visit France". You could show your strong interest in France by saying "I am obsessed with France! Obsessed means to be constantly thinking about something and in this instance it would be being used humorously as an exaggeration to show hoe much you like France. You could also say visiting France is on your "bucket-list". A bucket-list is a list of things you want to do before you die. "dream" is a word that is used often when we really want to go somewhere, but it often implies that, although you really want to go there, you can't, because for example it's too expensive, you are too busy at work or school, or some other reason. We can use "dream vacation" or "dream trip" the same way, but "dream vacation" usually means you will go there as a tourist and then come home, but "dream destination" can be more general -- maybe vacation, or maybe for a longer stay to work or learn the language. A bucket list is becoming more frequent these days. It means a list of things that you want to do or places you want to visit before you die. It comes from the phrase "to kick the bucket". This literally means standing on a bucket to hang yourself and then kicking it so that you die. In casual situations, to say that someone kicked the bucket is not disrespectful. You are simply stating a fact: that the person died. Nor do we necessarily think of death when we talk about a bucket list. However, when we start that list, the places we want to visit become special, and many times, people follow through with those destinations. If you say that France is on your bucket list, you mean that you really want to go there. bucket list(バケツリスト)は最近よく使われています。 これは死ぬ前にしたいこと、訪れたい場所を書いたリストです。 "to kick the bucket"(死ぬ)というフレーズからきた単語です。 文字通りの意味は首を吊るためにバケツの上に立り、バケツを蹴って死ぬ、ことです。 カジュアルな場面にてkick the bucket のフレーズを使うことは失礼ではありません。 誰かが亡くなったという事実をただ伝えるだけです。 bucket list(バケツリスト)について話している際に必ずしも死を考える必要はありません。 リストを始めると訪れたい場所が特別になり、この目的地に行くようになります。 例えばフランスがbucket listに入っているとするとあなたは本当にそこに行きたいことになります。

次の

英語が通じる国、通じない国を調べて一覧にしました【50ヶ国】

どこ の 国 に 行き たい です か 英語

5回】 マダガスカルといえば…?正直「アフリカの離島」ぐらいしか、イメージがありませんでした。 「インターネットでも情報が少なくて、行かないとわからないことがたくさんあるから、行ったほうがいい!まず、とにかくデカいんです。 」という大村さん。 えー!沖縄くらいかと思っていました。 「星の王子様」に出てくる巨木バオバブで知られるマダガスカル。 大村さんは「自然の表情の豊かさは、バオバブだけでは語れません」と話します。 「車で走っていると森や植物の雰囲気が変わるし、遊牧民もいれば 漁民の村もあり、たくさんの異なる民族があり、人々のアイデンティティもさまざま。 アフリカと東南アジアが交わる島で、いろいろな顔立ちの人がいて伝統宗教の習慣がおもしろいです」 人間と自然の多様性に出会える、壮大なフロンティアが広がっていそうです。 クロアチア共和国「住民の愛に守られた旧市街がただただ美しい」 by 畑浩三さん【世界一周5回】 畑さんが「3回行ったけど、また行きたい!何回でも行きたい!」と推すのが、クロアチア共和国のドブロブニクです。 ピースボートクルーズでも、地中海の中でも特に海がキレイなアドリア海を航海してたどり着く海辺の町。 「アドリア海の真珠」とも呼ばれています。 「旧市街を囲む城壁の門から入っていくと、地面が大理石に変わるんです。 映画のセットに迷い込んだようだけど、散歩していると洗濯物が干してあるのを見かけたり、暮らしの匂いが漂う素朴さもあります。 さらに、メシもうまい。 イカスミのパスタとか」 ためいきが出るほど美しく統一されたオレンジの屋根をよく見ると、ところどころオレンジの濃さが違う部分があるそうです。 「旧ユーゴスラビアの民族紛争の傷跡です。 攻撃されて壊れた屋根を、住民の手で直して元どおりにした痕跡でもあります」 そんなエピソードから住民の街への愛を感じられるのも、畑さんがドブロブニクを好きな理由のひとつ。 今では街を見下ろせるビューポイントにロープウェーで行けるようになりましたが、初めて行ったときはまだロープウェーがなかったそう。 「ヒッチハイクに応じてましたが、全く逆方向に連れて行ってくれたことをなつかしく思い出します」 人の手から手へと守り継がれながら、時を経てきた街にしかない雰囲気。 そのあたたかな雰囲気の中で、思いっきり深呼吸できる場所なのだろうと思います。 ガラパゴス諸島「ペンギンのほうから近づいてきて一緒に泳いだ!」 by 寺島徳子さん【世界一周7回】 ガラパゴス諸島は、南米エクアドル領の諸島です。 19の主な島と小さな島や岩礁すべてが世界自然遺産になっている、圧倒的な野生の世界。 寺島さんも、現地で野性味あふれる経験をしたそうです。 「もともとペンギンが大好きで、見られたらいいな、と思ってたんです。 そうしたら、ビーチで泳いでいる時に目の前にやってきて!人間のほうからは近づいちゃいけないルールなのでそっと見ていたら、向こうから近づいてきてくれました」 ほかにもアオアシカツオドリやゾウガメなど、ガラパゴス諸島でしか見られない生き物がわんさかいるそう。 「現地の高校生と一緒にスカレシアの木を植林するプログラムがあります。 前に行った時に植えた木が、次に行った時に大きくなっていたりすると、つながりを感じられて嬉しい」と、ピースボートクルーズならではのエピソードも。 島好きの私としては、行きたい場所がまた増えてしまいました。 アルゼンチン「世界最南端の都市から氷河に出かけてソリ遊び」 by 光枝萌美さん【世界一周6回】 世界最南端の都市は、アルゼンチンにあります。 ウシュアイアというおまじないみたいな名前の街。 ここからは「氷河のトレッキングツアーがめちゃくちゃ気持ちいい!アウトドアメーカーのパタゴニアのロゴになっているフィッツ・ロイ峰もこの目で見ました。 世界じゅうでいろいろな景色を見た中で、一番キレイ!」と、光枝さんが絶賛する氷河に出かけることができます。

次の