早速のご返信ありがとうございます ビジネス。 「ご返信ありがとうございます」の使い方・例文・ましたとの違い

「早い返信ありがとう」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現

早速のご返信ありがとうございます ビジネス

「早速」の意味と使うシーンを見てみよう 「早速」の意味 「早速」は「さっそく」と読みます。 副詞として動詞と一緒に使用すると「すぐに・ただちに〇〇する」など、対応が早い様子を示す言葉になります。 形容詞として名詞と一緒に使用すると、物事がすみやかである事、ものを指します。 「早速」をビジネスで使うシーンとは ビジネスでは「早速のご返信ありがとうございます」の、早速+返信(名詞)など形容詞としても、「早速拝見いたしました」の早速+拝見する(動詞「見る」の謙譲語)など副詞としても使用されます。 また、「早速ですが」の形としても使用され、主に会話や手紙で、前述の内容を受けて本文にスムーズに入る為の置き言葉としても使用されています。 「早速ですが」の会話・文書での使い所を知っておこう 「早速ですが」は会話でも使用OK 手紙の置き言葉としても使用される 「早速ですが」は、会話の文頭にも使用する事ができます。 例えば上司へ報告をする時や、会議の内容説明に移る際に「早速ですが、これから〇〇についてご報告・ご説明させていただきます」と付ける事により、スムーズに主題へと入る事ができます。 ただし、「早速ですが」を会話で多用するとしつこい印象を与えてしまう事があります。 会話で使用する時には場面だけでなく、頻度にも気を付けましょう。 ビジネス文書での「早速ですが」は控えた方が良い 会話での「早速ですが」は有効であることが分かりましたが、ビジネスシーンでの文書の場合はどうでしょうか。 「早速ですが」は、手紙の挨拶文からスムーズな本文への転換への置き言葉として使用されます。 けれども、メールに代表されるビジネス文書では、手紙とは異なり回りくどい挨拶などは使用せず、主題にすぐに入る事が多くなっています。 メールなどのビジネス文書は、読んですぐに要件が分かる様に能率を重視しているからです。 その為、メールなどのタイトルに「〇〇の件」、 本文は「お疲れ様です・いつもお世話になっております」などの簡単な挨拶の後にすぐに主題に入る為、「早速ですが」を使用する機会自体がないと言っても過言ではありません。 そのため、メールなどでは「早速ですが」の使用は控えた方が賢明です。 「早速ですが」の類義語を見てみよう 挨拶のみで置き言葉を置かない 文書の場合には、「お疲れ様です・いつもお世話になっております」などの挨拶の後に主文に入る事も少なくありません。 早速ですが、今回の会の目的についてご説明いたします」 「本日はお忙しい中お時間をいただきありがとうございます。 早速ですが、ご依頼いただいていたお見積もりをご提示させていただきます」 「先日は大変お世話になりました。 ところで、御社が発表される新サービスの件ですが…」 文書の場合 「いつもお世話になっております。 さて、先日お問い合わせいただいた〇〇の件につきましてご回答いたします」 「お疲れ様です。 本メール添付にて週報を提出いたします」(置き言葉なし).

次の

メールで好印象を与える「感謝」の文例とフレーズ

早速のご返信ありがとうございます ビジネス

「ご返信」の使い方・例文 「ご返信」はやや畏まった印象を受けるため、会話の中というより手紙やメールなど文書で使われることが多いです。 「返信」は一般的に「返事をすること」を指しています。 そこへ、接頭語の「ご」が付きますが、この「ご」は目上の相手に使う「尊敬語」と、自分をへりくだって表現する「謙譲語」の二つを持ち合わせています。 そのため、「ご返信」は、相手に対しても自分に対しても使用できる言葉なのです。 「ご返信」は、ビジネスシーンでは大変よく使われる言葉のため、使い方をしっかり頭に入れておくといいでしょう。 シチュエーションによってどのように使い分けるのか、例文とともにご紹介していきます。 返信に対するお礼の例文 ビジネスシーンにおいて感謝の気持ちを表すのは、円滑なコミュニケーションを取るためには必要不可欠なことです。 上司など社内の方はもちろん、取引先などからメールの返信をもらった際に、お礼を伝えるための「ご返信」の例文をご紹介します。 ご返信ありがとうございます メールで先方から返事をもらった時には、 まず返信してくれたことに対してのお礼を述べましょう。 「ご返信ありがとうございます」は、返信があった時に使う基本的なフレーズです。 ご多忙にも関わらずご返信ありがとうございました 先ほどの「ご返信ありがとうございます」に、さらに相手への気遣いを付け加えることで、より丁寧になるのがこちらの例文です。 先方のスケジュールが詰まっている中、返信について時間を割いてくれたことを感謝するシチュエーションで使用します。 早速のご返信ありがとうございます メールで相手からの返信を待つときには、返信待ちの時間は短ければ短いほどありがたいものです。 先方がこちらの投げかけに応じて、すぐ返信してくれた時にはこちらの例文を使いましょう。 返信をお願いする例文 先方へ質問などを投げかけた際に、返信をお願いするシチュエーションも多々あるでしょう。 そんな時に使える例文をご紹介します。 ご返信お待ちしております 先方から返信が欲しい場合には、その後のトラブルを避けるためにも必ずその旨を伝えることが必要です。 この例文は、そういった場面で使う基本的なフレーズですので覚えておきましょう。 ご返信の程よろしくお願い致します 意味合いは先ほどの「ご返信お待ちしております」と同じですが、 より丁寧に伝えることができます。 「~の程」は、主に依頼する時に使われますが、この場合は敬語表現として使用し、断定を避けて柔らかい印象へとしてくれるのです。 ご返信いただきたく存じます 返信が欲しい旨をとても畏まって伝えるときにはこちらのフレーズを使います。 「~いただきたく存じます」は、「~してほしいと思う」をより丁寧にした意味を持っています。 謙譲語表現のため、目上の人に対して使用します。 返信不要を伝える例文 ビジネスパーソンには気遣いも大事です。 先方が多忙なこともありますから、これ以上返信が必要なければ、その旨を伝えておく必要があります。 言い方によっては不快に感じる人もいるため、返信不要の際は言葉選びにも注意が必要です。 返信はご無用です 「ご無用」は、不要なことの丁寧語です。 相手の好意や心遣いを断る際に使用する言葉なので、先方への気遣いがしっかり表されています。 ストレートに「返信は不要です」とするよりも、もう少し柔らかな雰囲気の言葉を選ぶことで丁寧で優しい印象を与えることができるでしょう。 ご返信をいただくには及びません こちらの例文も「~いただくには及びません」を用いて、不要であることを丁寧に言い換えています。 さらに丁寧な表現として「ご確認いただければ、ご返信には及びません」とすることもできます。 「ご返信」の類語と使い分け 「ご返信」と似た意味を持つ言葉は多くありますが、微妙なニュアンスの違いがあるため、正しく使うには意味を理解しておく必要があります。 シチュエーションに応じた言葉選びができるビジネスパーソンになれるよう、ここでは「ご返信」の類語とその例文をご紹介していきます。 「ご返答」 「返答」は「問いや呼びかけに対して答えること」という意味があります。 また、「ご返答」に関しては、 主に口頭で返事をすることを指しており、ビジネスメールより、対面でやり取りする時に使われます。 「ご返答」接頭語の「ご」は、尊敬語にも謙譲語にもなるため、相手の返答にも、自分の返答にもどちらにも使うことが可能です。 「ご返信」との違いは、使用できるシチュエーションでしょう。 「ご返信」はメールなどの文書で使われることが主ですが、「ご返答」は口頭で返事をする場合に使われることが多いです。 「ご返答」を使った例文 ・ ご返事(お返事)させていただきます」 ・ お返事(ご返事)いただきありがとうございます」 「ご回答」 「回答」は「質問や要求に対して答えること」という意味を持っています。 ほぼ「ご返答」と意味合いは同じですが、 先方からの質問に対して返事をする際やこちらの質問に対しての返事は「ご回答」が適切です。 ややかしこまった印象の言葉のため、日常会話ではなくビジネスシーンで多く使われています。 「ご返信」との違いについては、「ご返信」は内容に関わらず、メールなど文書で返事をする時に使いますが、「ご回答」は質問に対しての返事を指しています。 内容が質問かそうでないかで使い分けることが可能です。 「ご回答」を使った例文.

次の

「早速のご返信」のビジネスの使い方|目上の人へのご連絡メールも

早速のご返信ありがとうございます ビジネス

「早い返信ありがとうございます」似た表現 「早い返信ありがとうございます」の丁寧な使い方として似たようなものとしては、「早速のご対応」や「早々のご対応」または「迅速なご対応」などが挙げられています。 そのため一般的にはこれらの表現のいずれかが使用されているのですが、実はそれぞれの丁寧語には適した使い方や相手があるので意味や用途を理解しておく必要があるのです。 「早速」の場合 例えば「早速」の場合は文の頭につけることで本文に入る時や話題を切り替える時などに利用される起こし言葉となっていて、目上の人や初対面の人に対してでも比較的使いやすい敬語だと言われています。 使い方としては「早速の返信ありがとうございます」や「早速の〇〇ありがとうございます」などとして、そのあとに本文を添えるようにするのがおすすめです。 「早々」の場合 そして「早々」の場合は、一般的に目下の人や友人または知人など親しい間柄や身近な間柄の相手に利用されている敬語となっています。 そのため敬語の中でも若干砕けた表現として利用されているので、目上の人に使う場合は失礼だと感じられてしまう恐れもあるようです。 つまりビジネスメールの上ではあまり使うことは避けた方がいいと考えられており、特に取引先や目上の相手に対しては使わないように心がける必要があると言えます。 「迅速」の場合 さらに「迅速」の場合ですが、こちらは相手の行動に対してだけではなく自分の行動に対しても使える敬語であるところが特徴です。 このためビジネスメールの中では比較的使いやすい敬語となっていますし、「早い返信ありがとうございます」の敬語としても問題なく利用できます。 さらに文中だけではなく文の頭に持ってくることも可能なので、応用しやすいところがポイントとなっています。 「早い返信ありがとうございます」使分け このようにビジネスメール上での「早い返信ありがとうございます」の敬語の使い方としては、「早速」や「迅速」を使うと目上の人に対しても失礼のない返事ができます。 「早々」は目上の人には使えないので注意が必要ですが、例えば部下や同僚に対しての「早い返信ありがとうございます」の敬語として使うのは問題ありません。 そのため相手によって使い分けをしていく必要があるのですが、使い分けを必要としていない「早速」や「迅速」の方が間違いがないので安心して利用できるようです。 早速」や「迅速」などの敬語を使う注意点 ただし注意点として、「早速」や「迅速」などの敬語を使う場合には「していただき」という敬語を同時に使えないとされています。 このため「早速返信していただき、ありがとうございます」または「迅速な返信をしていただき、ありがとうございます」のような敬語の使い方は誤用なのです。 「早速」または「迅速」という敬語を使って「早い返信ありがとうございます」という文章を打つ場合には、「早速のご返信をありがとうございます」または「迅速なご返信をありがとうございます」のように打つのが正しい使い方になっています。 ほかにも「お忙しいところ」など相手を労うような文章を一緒に打っておくと気遣いのあるビジネスメールにできますし、メールの文章だけではなくこちらも同じように早めの返信をするように心がけるのも敬語と同じように大切なポイントです。

次の