しゅり 女優。 跡美しゅり

ダスキンCMで風間俊介と夫婦役の女優は?大物俳優の娘『2世女優 趣里(しゅり)』

しゅり 女優

4歳からクラシックバレエを習い始め、15歳の時にはイギリスへバレエ留学。 しかし、アキレス腱断裂などの大けがからドクターストップがかかり帰国。 2011年、『3年B組金八先生ファイナル』のオーディションに合格し女優デビュー。 こちらが金八先生で女優デビューを果たした趣里さん。 当時は19歳でしたが実年齢から5歳下&金八先生に恋する中学生役という難しい役どころを演じ、一躍脚光を浴びました。 趣里さんの父はドラマ『相棒』でお馴染みの大物俳優・水谷豊、母は昭和のスーパーアイドル・元キャンディーズの伊藤蘭の娘という、昭和世代に育った人なら誰もが憧れるような家柄のご出身。 こちらが趣里さんが12歳の頃に撮影された、水谷豊&伊藤蘭との家族写真。 母の伊藤蘭さんとは顔が全然違っているようにも見えますが、キャンディーズとしてデビューした当初の伊藤蘭さんといえば、目は腫れぼったくて、現在のような顔立ちではありませんでした。 つまり、諸事情あって整える前の顔は、現在の趣里さんソックリとの声も。 俳優・田島優成と熱愛報道も 水谷豊(60才)と伊藤蘭(58才)の長女で女優の趣里(しゅり・22才)が、恋人である俳優の田島優成(25才)と、都内のマンションで同棲中であると2月21日発売の女性セブンが報じている。 NEWSポストセブン 趣里さんは、2013年に「女性セブン」に同性愛を報じられています。 こちらが趣里さんの元カレ・田島優成くん。 二人は舞台の共演をキッカケに交際がスタート。 舞台が台無しになるなどの大損害を与えたことなどから、父・水谷豊も二人の交際に大反対。 一時は彼氏との同棲をキッカケに家を飛び出していた趣里さんでしたが、現在は家賃100万/月を超える高級マンションで家族と同居しているんだとか。 話題のCMに出演、新進気鋭の若手女優として注目 2011年に「金八」でデビューして以降、2018年4月現在、テレビドラマ30本、映画20本、舞台20本など、飛ぶ鳥を落とす勢いで売れっ子女優として注目を集める趣里さん。 デビュー5年間は、チョイ役としての出演が多かったものの、2016年にNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』藤ヶ谷寿美子役で注目を集め、ここ数年で主演作が急増。 関東在住の方なら、誰もが一度は見たことのある小田急電鉄のCMにも出演していた趣里さん。 独特の雰囲気が記憶に残る女優さんです。 ググったら水谷豊の娘と知ってビックリ 葵わかなさん目当てで観てたドラマ「ブラックペアン」第一話、雰囲気あるモデル顔の女優さんに目を奪われつつ「知ってるのに誰だっけ誰だっけ…!」ってなってたんだけど、ググってみたらば水谷豊さんと伊藤蘭さんとの娘・趣里さんと再認識。 いいですね。 — ヒトリカンケイ hitorikankei 趣里さんの表情、好きだわー。 キツイ表情する人ほど、ふとした笑顔が可愛いんだよね。 今後の活躍に期待大だわ。 「クールな表情からの笑顔のギャップがやばい」「ブラックペアンの猫田さんすげえかわいい」など、ドラマ初回放送後に「猫田」というワードがTwitterトレンドの上位に。 ブラックペアン猫田役の女優が気になって調べたら、「水谷豊と伊藤蘭の娘と知ってビックリ」「雰囲気あると思ったら凄い七光り女優だった」など、驚きの声も多く寄せられています。

次の

女優・日南響子が、アーティスト“珠麟

しゅり 女優

「おいでやす…」跡美しゅりチャンが花魁に!耳かきサービス、フェイシャルマッサージで全身リラックスしたところで、金玉ほぐしからの手コキでシコシコ&耳元攻撃。 Oculus Go HQ版で視聴、ファイル数2 画質・・・綺麗 色合い・・自然 サイズ・・自然 ロリ美少女のイメージが強いのに花魁似合う、やはり凄い跡美しゅり 花魁を感じさせるセリフは冒頭の「おいでやす」のみ 以降は落ち着いた普通の丁寧語 ・本編1(37分) 主はあぐらかいて座った状態、部屋も和室の雰囲気しっかり出てます 目の前に座りしゅり嬢「おいでやす」(すげーな、めっちゃ似合ってて綺麗) 序盤はリラックスタイム しゅり嬢が酒器の「リラックスする飲み物」を口に含み、上から主の口に垂らす 「こぼれちゃいましたね、、」そりゃこぼれるわw 主の口周りを舐めお掃除 耳かきと耳舐め(ジュブジュブ良い音立てて舐めてくれます)、はー癒やされる ここに天使がおるぞ 本編内7分半経過で仰向け状態へ、しゅり嬢「いっぱいリラックスしてください」 しゅり嬢が跨がり、上半身開けおっぱい見える状態 主の手をとり指舐め、耳舐めしながら指で乳首責め 今度は添い寝で耳舐めと乳首舐め 添い寝で手コキされながら囁き、耳舐め、顔舐め、乳首舐めのオンパレード 8分近くそんな中ひたすた手コキ、しゅり嬢「まだイッちゃだめですよ?」 ここに鬼がおるぞ 残り10分で今度はフェラ、とにかく体勢変わるし途中で手コキもあるし 細かくて書ききれないけど濃厚だった (男優は凄いな、もし俺だったら5連大花火くらいしてとっくにミイラ化してるぞ) ・本編2(30分) 本番パート 正常位、バック、対面座位、対面座位バック、騎乗位で中出しフィニッシュ お薦めは正常位、巨根がしゅり嬢の膣をピストンしてるのがモザイク越しでもわかる 終盤は腰の帯部分には残ってるけどほぼ裸です。 (サンプル画の一番最後の絵に近い) あまり密着感を感じなかった 小人化はしてないと思うんだけどなー、カメラが遠いのか しゅり嬢が小顔でスレンダーだからなのか、今の俺には原因がわからなかった。 しかしこの短尺でかなり濃密なエロだったし本番たっぷり 別の言い方すると、こういう短尺作品の中でも数少ない優秀作でした そこはなにより彼女の実力だということを忘れてはいけない 改めて跡美しゅりは凄い女優だと思い知りました。 自分が骨抜きになっていくのをひたすら愉しむVRだとしか。 評価があまりにも高すぎたので正直購入をためらっていました(今となっては比較的短尺ですし)。 自分の場合、見ながら大抵手を添えて高めるんですが、これに関してはそれが必要ないです。 身悶えしそうな自分の欲求に従っていれば、自然に興奮していく、そんな感じです。 奇跡のコラボなのか、女優さんの演技やセットやその他のもろもろが噛み合うとこういうことになるのか、という感想しか思い浮かばない。 オッパイを舐めるときのカメラの位置ずれとかはありますが、それを越えるものがあります。 下手をすると、しゅりさんで同じセット、同じ衣装を使って続編を作っても、同じレベルのものはできないかも。 奇跡的な作品だと思います。 レビューを表示する.

次の

跡美しゅり

しゅり 女優

趣里出演のおすすめ作品は 『 生きてるだけで、愛。 』 です。 原作は 芥川賞受賞作家「 本谷有希子」の傑作小説 です。 『 生きてるだけで、愛。 』は、男女の不器用な愛の物語です。 趣里は、過眠症で引きこもり気味なヒロイン 「 寧子 やすこ 」を演じています。 エキセントリックで感情のコントロールができない寧子を体当たりで熱演。 この役で、 趣里の演技は高い評価を受けて 「日本アカデミー賞俳優新人賞」を受賞しました。 日本アカデミー賞受賞式、ありがとうございました。 尊敬する方々と同じ空間にいられたこと、とても嬉しく思います。 これからもひとつひとつ丁寧に、歩んでいきたいと思います。

次の